学会誌 説話・伝承学

〇説話・伝承学 第26号  
Folk-Literature and Traditions VOL.26
説話・伝承学会 2018年3月

シュリーマンとギリシア神話―ホメロスを信じて― ……………………………………………… 巽  善信 
*
説話伝承と古墳、その不可分な関係―両者の関係から考える文化財保護― …………………… 角南聡一郎 
イングランドの古都ノリッチに見るドラゴンの歴史とその再生 ……………………………… 桑原 久男 
前後に顔のある埴輪 ………………………………………………………………………………… 奥西 峻介 
*
「さんせう太夫」説話の日韓比較 …………………………………………………………………… 金  賛會 
孫悟空の誕生に関する一考察―后羿叙事詩への回帰― …………………………………………… 森  雅子 
子どもの神話における穀物霊と家霊 ……………………………………………………………… 植  朗子 
ドイツ語圏におけるツヴェルク伝説の地域分布 ………………………………………………… 馬場 綾香 
ウイチョールの毛糸絵における太陽神話―国立民族学博物館所蔵の毛糸絵分析― …………… 山森 靖人 
東と西の「影鰐型」説話 …………………………………………………………………………… 川谷  真 
行逢裁面の再検討―翻刻 鍋島家文庫本『松浦昔鑑』から抜粋― ………………………………… 星野 岳義 
幽霊からもらった杓子と駒の角―逆立ち幽霊譚の変奏― ………………………………………… 日沖 敦子 
*
彙 報 …………………………………………………………………………………………………………… 

〇説話・伝承学 25号
 25号 目次

山本陽子 光琳の説話人物画の描き方と享受のされ方
―なぜ人物が花よりも印象に残らないのか―            
金原由紀子 イタリアの教会壁画に見る説話と伝承             
   *
竹原 新 イランの怪談                           
堤 邦彦 寺と幽霊画 ―死者図像の機能をめぐって―
    *
荻原眞子 口承文芸としての英雄叙事詩          
坂井弘紀 テュルクの英雄叙事詩 ―中央アジアを中心に―            
福田 晃 壱岐・対馬の「百若説教」                     
      *
久留島元 怪談伝承の定着と変奏 ―尼崎の事例を中心に―            
徳竹由明 対馬に於ける素盞鳴渡韓譚の生成と変容            
阿部奈南 猿が川を渡る話 ―愛知県西三河地方の「猿渡川」地名由来伝承―    
   *
彙報

 

〇説話・伝承学 24号
 24号 目次

久下 正史  温泉寺清涼院縁起と西国三十三所巡礼開創縁起                    
林田 雅至  巡礼考 ―映像作品を通したサンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼の現在性―       
水谷 周   イスラーム巡礼の儀礼と伝承

青木 健   「東方」のヘルメス主義 ―古代オリエント末期とイスラーム期を結ぶヘルメス伝承―   
小南 一郎   竈(灶)神をめぐる習俗と信仰

徳竹 由明  対馬に於ける神功皇后「三韓征伐」伝承の形成―往路の寺社縁起説を中心に―       
馬場 綾香  ヴィル=エーリッヒ・ポイカートの〈エルベ〉概念                   
ハルミルザエヴァ・サイダ  中央アジアの語り物『アルポミシュ』―新バージョン誕生の可能性―     

彙報

〇説話・伝承学 23号
 23号 目次

松山 由布子  花太夫所蔵文献に見る奥三河の宗教文化
     ―宗教テクストの特徴と普遍性をめぐって―              
佐々木 重洋  花祭と伝承資料再考                      
斎藤 英喜   もうひとつの「花祭」へ
     ―シンポジウム「アジアのなかの「花祭」」に寄せて          
阿部 泰郎  花祭の文化基盤 ―その宗教テクストの伝承と地平             

中根 千絵  洪水の記憶・伝承・説話                        
松本 孝三  民間説話としての災害伝承 ―四国山地の事例を中心に―          
百田 弥栄子 伝承曼荼羅の災厄の物語 ―豊饒への祈り―                

福田 晃  「雲州・金屋子神祭文」の伝承風景 ―中世の鍛冶神話を歩く―    
  *
鈴木 堅弘  『荻野堂縁起絵巻』と洞門説話
      ―秩父三十四観音霊場・曹洞宗・神人化度説話―           
河邉 真次  聖人伝承に見る信仰の力学
―ペルー北部アヤバカに現れた「捕らわれの主」と「ピラールの聖母」を事例に―                                
徳竹 由明  対馬・海神神社縁起説の形成                      

〇説話・伝承学 22号
 22号 目次

池上 重弘  インドネシア、トバ・バタック社会におけるヤシ酒利用とその象徴的意味
廣田 収  『宇治拾遺物語』の説話と伝承 ―文芸比較の方法のために―

永松 敦   カセダウリが語る日本の来訪神
狩俣 恵一  沖縄の来訪神 ―折口信夫のマレビト論をめぐって―

小林 一蓁  白山信仰 ―白山禅定と女人禅定―
由谷 裕哉  六日祭は白山修験の延年か
大森 恵子  白山信仰における泰澄伝承 ―水の神や船乗り守護神・薬湯の神にまつわる伝承を中心にして―

真下 厚   日本における洪水型兄妹始祖神話の伝承
山本 陽子  説話と絵画に見る屋根・天井・軒における怪異
南郷 晃子  「おさご」伝承の考察 ―近世期における「御家」意識と伝承の変容
美濃部京子  現代に語り継がれる昔話の型 ―日本とイギリスの子どもが語る昔話―
横道 誠   グリム兄弟の「棘荊姫」(KHM五〇)の版異同 ―本文改訂と『自注』改訂のねじれた連関
松家 裕子  紹興宣巻の調紹興宣巻の調査報告 ―現代中国における唱導文藝のひとつのありかた―

彙報

〇説話・伝承学 21号
 21号目次

小林 公江  やんばるの歌と踊り ―芸能の分布と伝承―                     

石川 知彦  親鸞聖人絵伝の一作例 ―愛知・願照寺本を中心に―    
小山 正文  親鸞の父母伝承と肖像画                             
            *
西行伝承シンポジウム報告
花部 英雄   西行伝承とは何か
中西 満義   〔発表要旨〕西行問答譚の展開      
松本 孝三  〔発表要旨〕民俗社会の中の西行伝承 ―若狭・越前を中心に―       
  *
湯浅 大司  信玄原の火おんどりの成立について
井本 英一  火祭りと鎮魂

潘 寧    牛と冥界からやってきた使者 ―『日本霊異記』中巻第二十四縁を中心に―       
鈴木 堅弘  親鸞伝における川越ノ名号伝承の成立と展開 ―親鸞聖人絵伝・略縁起を中心に―    
邊 恩田   東アジアから見た日本昔話「猿の生き肝」と韓国の「兎伝」              
朴 美暻   韓国の「ドッケビ」の視覚イメージの形成過
―植民地時代を中心に、日本の「オニ」との比較を手がかりとして―     
斧原 孝守  東アジアの民間説話に見える弥勒と釈迦の「花咲かせ競争」   

彙報